ハラグロニガイグチ(はらぐろにがいぐち)

日本菌学会終身会員という老菌である。ややアルツハイマー気味らしく、発する
ことばの多くは意味不明ともいわれる。よほど口が悪いのか、いつの頃からか
ハラグロニガイグチなどと呼ばれることになった。一方では、ほんとうは腹白なの
だという弁護も聞かれる。

野外できのこを見てもすぐに名が口から出ることはなく、まれに即答すれば場違
いの名を唱え参加者から怪訝な顔をされる。キノコ関連の某サイトを運営するが、
見識あるきのこ愛好家からは相手にされない。サイトを畳むことになる日もそう
遠くはないと思われる。

きのこ創作物図鑑 掲載作品(文章提供)

イジメノイッポンシメジ
ウワバミドクツルタケ
コバヤシアセッタケ
ハラグロニガイグチ
ハラデノツヤフウセンタケ
モクモクケチボウズ

(和名リストからお入り下さい)

和名リストに入っていない作品

Copyright © 2009 kinoko-mono All Rights Reserved.>>Topに戻る