コバヤシアセッタケ
Inocybe appiiconturbata Yuguchi

コバヤシアセッタケ
□解説□

夏から秋に、広葉樹林内の地上に発生。子実体はやや肉質で中形。傷つけると脂汗様の異臭を伴った液を出す。カサは円錐形からまんじゅう形となる。表面は黒褐色繊維状。肉は類白色。ヒダは直生で灰青褐色、縁は白褐色、やや密。柄は帯青色で上下同大。表面は繊維状でささくれ、中実。胞子はいびつなこぶ状。ヒダの全縁に涙形の液滴をともなったシスチジアが多数ある。食不適の菌根菌だが、容易に培養でき、某県では乾燥粉末が飲用されてきた。飲用すると、ぎりぎりまであきらめないという根性が育つという。アセタケ属の新種として岩手県八幡平の安比高原から報告された。秋田県に分布する。

絵:湯口画伯  文:ハラグロニガイグチ



*このきのこは架空のものです。もし採集した場合はぜひご一報下さい!
Copyright © 2009 kinoko-mono All Rights Reserved.>>Topに戻る