ハラデノツヤフウセンタケ
Cortinarius fulgoriventriosus (Haragr.) Yuguchi

ハラデノツヤフウセンタケ
□解説□

 夏から秋に、亜高山帯の針葉樹林や広葉樹林に発生。中型から大型。カサは先端が軽く尖ったまんじゅう形で、粘性はなく、全面にツヤがある。中央部は明褐色で、縁は暗灰色。ヒダは密で上生し、紫色のち紫褐色。アルコールで赤変する。顕著なクモの巣膜状のツバをもつ。柄は中央下部が便腹状に膨らみ、ツヤはなく繊維状。優秀な食茸だが、生食すると頭髪が抜けるという報告もある。美味いので多食しがちだが、便秘を招きやすい。埼玉県から新種として報告された。長野県と神奈川県に分布する。

絵:湯口画伯  文:ハラグロニガイグチ



*このきのこは架空のものです。採集した場合は急ぎご一報下さい!
Copyright © 2009 kinoko-mono All Rights Reserved.>>Topに戻る