イジメノイッポンシメジ
Entoloma disputobibliopolae (Gotoh.) Yuguchi

イジメノイッポンシメジ
□解説□

夏から秋、研究室の裏庭やイベント会場、林内地上に発生。やや大型。カサは中高の平らに開き、帯褐ねずみ色で、銀灰色の繊維で薄く被われる。しばしば英文字のような斑紋が見られる。ヒダはやや疎、灰白色のち肉色。柄は太く肌色、中実。肉は粉臭があり、強い苦みがある。この属としては珍しく厚壁で槍の穂先状の側シスチジアを持ち、胞子が象牙色。猛毒であり意識障害を起こすが、死に至ることは少ない。食べると賢くなるとされ、各地で毒抜きをして食菌とされてきた。幼児が食べると知恵熱がでるが、脳を活性化する酵素を含むとして注目されている。千葉県から新種報告された。千葉県と兵庫県に分布するが、胞子が全国に飛散している。

絵:湯口画伯  文:ハラグロニガイグチ



*このきのこは架空のものです。もし採集した場合はぜひご一報下さい!
Copyright © 2009 kinoko-mono All Rights Reserved.>>Topに戻る