ウワバミドクツルタケ
Amanita ophiovinolentia (Haragr.) Yuguchi

ウワバミドクツルタケ
□解説□

夏の夜中に林内地上に発生。昼間カサを開くことはまれ。中〜大型。子実体は一見丈夫そうだが、実は案外脆い。膜質永続性のエプロン状のツバと袋状のツボをもつ。カサは平滑で白色、中央付近はほんのりと赤い。ヒダは白色で、縁が赤みを帯びる。柄は白色でささくれ、ツバの上は白色平滑だが、直下はピンク色。時に柄が蛇のように長く伸びることもある。猛毒だが、アルコールに浸すと毒が消える。記憶力を豊かにする酵素をもつとして受験生の間では密かに食されてきた。テングタケ属の新種として神奈川県生田から報告された。宮城県と鳥取県に隔離分布するが、胞子は全国に飛散する。

絵:湯口画伯  文:ハラグロニガイグチ



*このきのこは架空のものです。もし採集した場合はぜひご一報下さい!
Copyright © 2009 kinoko-mono All Rights Reserved.>>Topに戻る